とりはた玄海園
 

就労センター ご利用方法

1.見学日の予約 

 まずは、電話やFAX・E-mailなどでご連絡ください。見学日の日時について調整します。

2.事業所見学

 事業所の活動内容などをご説明し、作業場をご案内します。

3.体験利用の実施

 見学後、利用の意向があれば、「体験利用」※のご案内をいたします。

4.利用面接の日程調整・利用面接

「利用申込書」などの書類を提出していただき、担当者が面接日の日程調整を行います。
面接の際は、事業所を利用する目的・体験実習中の状況、配慮してほしいこと(希望)などを中心にお話をお聞きします。

5.利用調整会議の実施     

 面接後、面接に出席した関係者で意見交換を行い、正式に受け入れを決定します。

6.受け入れについての連絡・「障害福祉サービス受給者証」の申請

 受け入れが決まったことをご連絡します。
 お住まいのある市町村の障害福祉担当窓口にて、「障害福祉サービス受給者証」の申請をし、訓練等給付費の支給を受けてください。

※ご利用の前に「サービス等利用計画」が必要な場合があります。詳しくは市町村窓口担当者より説明があります。

7.利用開始日の決定

 「障害福祉サービス受給者証」が交付されましたら、契約や利用開始日の希望をご連絡ください。改めて日程調整を行い、受け入れ日を決定します。

8.契約

 契約後、利用開始となります。

※「体験利用」とは、事業所内での作業や活動を実際に体験し、作業に対する興味が持てるか、仲間や事業所全体の雰囲気は自分にあうかなどを確かめてもらうためのプログラムです。月〜金曜日まで連続した5日間を体験してもらった上で、利用の意向があれば、「利用申込書」の様式など必要な書類をお渡しします。

※就労移行支援事業を検討される場合は、体験利用は3日間です。

利用料金

1.基本的なサービス提供にかかる利用料金(いずれも一割負担の例)

 (就労移行支援事業   1日あたり 844円)

 (就労継続支援B型事業 1日あたり 694円)

 サービス利用に応じて1割を負担していただきます。ただし、下記のとおり収入に応じて負担軽減が適用されます。

世帯の収入状況
1ヶ月あたりの
負担上限額
給食
(1食あたり)
非課税世帯
 区分:生活保護
〜低所得1・2
0円 
294円 
課税世帯
 区分:一般
所得割16万円未満

9,300円 

 区分:一般
所得割16万円以上
37,200円 
550円 

2.オプションサービスとしての利用料金
 事業所では、地域で生活する利用者の食生活の改善や緊急時の対応(例:家族の入院等により食事の手配ができない)に備え、希望に応じて朝食・夕食・休日の昼食についてもオプションサービスとして提供を行っています。

種類
負担金
希望参加型行事
企画毎に設定
給食サービス
(1食あたり)
朝食
330円 
昼食
550円 
夕食
550円 

 


◆お問い合わせ先◆
とりはた玄海園 就労センター
入江・原田(利用受け入れ担当者)
TEL:093(871)0841 FAX:093(881)5279
E-mail:syurou@torihata.or.jp